犬の身体(肌・毛)のケア方法|大好きな愛犬の健康を守ろう!

犬の肌・毛のケア 今回は大切な家族である犬の健康を守るために、飼い主が知っておきたい身体のケア方法を紹介します。 特に人とは異なるケアが必要な肌・毛などのケア方法を、気をつけたい具体的な症状と一緒に解説します。

犬の『肌』のケア方法|この症状があったら注意しよう!

まず、肌に関してのケア方法について解説します。 犬の肌ケアは犬種によって、毛で覆われている子や毛が短い子でそれぞれ大きく変わります。

犬の肌で注意すべき具体的な症状

犬の肌のトラブル・症状として考えられるのは以下の3つです。
  • フケ
  • 痒み
  • ベタつき

犬の肌トラブルのサインかも?|フケ

フケとは?
フケとは、古くなった皮膚の細胞が剥がれ落ちたモノのことで、新陳代謝が正常に行われていれば人でも犬でも出てくるモノです。 「フケ=肌のトラブル」というわけではありません。 しかし肌のトラブルにより適切なサイクルが壊れてしまうと、フケが大量に出るようになることがあります。 フケが「出ること」が問題なのではなく、フケが目立つほど「大量発生する」と病気などの肌トラブルが考えられるので、注意しましょう。
犬のフケの3つの原因とは?
フケが増える主な原因は、「乾燥」「ストレス」「不適切なスキンケア」「肌の病気」の3つです。 原因として考えられる「乾燥」は、犬の皮膚が人の皮膚よりも薄いために水分が蒸散しやすく乾燥しやすいことから起こります。 次に原因として考えられる「ストレス」は、何らかのストレスがかかることで正常な肌の新陳代謝が行われず、フケが増えてしまっていることで、フケが発生します。 ストレスが原因の場合、無駄吠えや悪戯など他にもストレスを抱えている症状が出ていることがあるので、同じような症状がないか考えてみましょう。 また「不適切なスキンケア」がフケの原因になっている場合があります。 シャンプーの成分が合っていない、シャンプーの回数が多すぎるなど、皮膚がダメージを受けてしまうとフケがいつも以上に出てしまうことがあります。 よくある間違いですが、フケがついていること不潔だと勘違いしてシャンプーの回数を増やすと、さらに悪化するので注意しましょう。 以上の3つが主な原因ですが、肌の病気になってしまいフケが発生している可能性もあります。
犬のフケから考えられる病気
上記で説明した原因がフケの主な原因ですが、以下のような病気によって起こる症状の可能性も考えられます。
  • 感染性皮膚炎
  • アレルギー性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 脂漏症
特にストレスにより免疫力が一時的に落ちてしまっている場合、肌だけでなく他にも不調を起こしていることがあります。 犬の肌ケアの方法は後ほどまとめて紹介します。 ケアしても状態が改善しない場合は、動物病院に一度相談しましょう。

犬の肌トラブルのサインかも?|痒み

次に多いのが痒みです。 特に犬が痒がる仕草や、手足をよく舐める仕草をする場合は注意が必要です。
犬が痒がる原因は?
犬が痒がる原因は様々です。主な原因は以下の4つがあります。
  • 換毛期
  • ノミなどの虫さされ
  • ストレス
  • シャンプー
痒がっていても一時的な場合、犬の毛が生え変わる時期「換毛期」と被っていれば病気ではなく、うまく毛が生え変わらずに毛玉ができて痒みが出ているだけかもしれません。 ただし放置しておくと思わぬ病気の原因になるので、適度にブラッシングしてあげましょう。 また犬にノミなどの「虫が付着」している可能性があります。 ノミに刺されるとアレルギー反応が起こり、人間同様皮膚がかぶれてしまうことがあります。 腰やお尻、首周りなどに激しいかゆみを伴うので、可能性がある場合はシャワーなど水で流してあげるなど対策しましょう。 そして「ストレス」は痒みの原因ではありませんが、自律神経を乱すため痒みを悪化させる原因になります。 さらに「シャンプー」などが体質に合わず肌に刺激があると、痒みを起こしてしまうことがあります。 また上記の原因だけでなく、肌の病気、また別の部位の病気が痒みを誘発している可能性があります。
犬の痒みから考えられる病気
まず肌の病気として具体的に以下のような病気が考えられます。
  • 感染性皮膚炎
  • アレルギー性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 膿皮症
  • 疥癬症
  • マラセチア性皮膚炎
  • 皮膚糸状菌症
さらに肌の直接な病気でなくとも痒みを誘発させる病気の可能性もあります。 代表的な例では、特に首を痒がっているようなので病院に連れて行ったら、実は耳の病気(外耳炎)だった、という例があります。 特に目で見てわかる皮膚の炎症や、異常な痒がり方をしている場合は、早急に動物病院に相談しましょう。家でできるケア方法は後ほどまとめて紹介します。

犬の肌トラブルのサインかも?|ベタつき

最後にベタつきです。 ベタつきもフケなどと同様、「ベタついている=病気」というわけではありません。
犬の肌がベタつく原因は?
犬の肌のベタつきは以下の原因が考えられます。
  • 汗っかき
  • ストレス
  • 遺伝的な問題
  • 内分泌疾患などの別の病気
犬にも「汗っかき」な体質の子はいるので、そのような子は夏場特にベタつくと感じる可能性があります。 一方でもっとも多いのが何かしらの原因で肌のターンオーバーが崩れて、セラミドなどの肌を保湿する成分が不足し、その乾燥を補おうと皮脂が過剰に分泌され脂っぽくなっていることです。 ターンオーバーが崩れる原因は主に「ストレス」「脂漏症の素因を持つ遺伝的な問題」「内分泌系などの自律神経に影響する病気」などが考えられます。 ターンオーバーが崩れている場合は肌の病気にも繋がるので、注意しましょう。
犬の肌のベタつきから考えられる病気
ベタつきから考えられる肌の病気として具体的に考えられるのが「脂漏性皮膚炎」です。 遺伝的になりやすい子もいて、犬種などにも左右される病気です。 一度発症すると完治が難しい病気でもあります。

犬のトラブル肌のケア|フケ・痒み・ベタつき全てに効果的な方法とは?

ここまで解説した犬の肌のトラブルとして多い、フケ・痒み・ベタつき全てへのケア方法は、主に以下のモノがあります。
  • 部屋の湿度を上げてあげる
  • 適度にブラッシングしてあげる
  • 毛を短くカットする
  • 犬のストレスを取り除く
  • 肉球もケアする
  • シャンプーを変える
  • シャンプーを減らして代わりのケアをする
加湿器などで部屋の乾燥をおさえることで肌の乾燥を抑えたり、適度なブラッシングをしたり、通気性が良くなるように毛を短くカットしてあげることも有効です。 また犬のストレスをなくしてあげることは難しいですが、考えられるストレスの原因を取り除いてあげましょう。 さらによく忘れられがちな肉球のケアです。 定期的にケアウォーターなどでマッサージしてあげましょう。 そして、シャンプーを刺激のないモノに変えてみたり、回数を減らして代わりにペット用ケアウォーターで拭いてあげるなど、肌のダメージを減らすようにすることも重要です。 肌トラブルをもつ犬には以下のような低刺激シャンプーやケアウォーターがおすすめです。

WANONA|ペット用シャンプーはこちら 
WANONA|ペット用オールインワンケアウォーターはこちら

また夏場などのお散歩に使えるペット用アウトドア・ボディケアスプレー(虫除けスプレー)もアルコールなどを含んでいないため、犬の肌の負担にもならずおすすめです。

WANONA|ペット用アウトドア・ボディケアスプレーはこちら

犬の『毛』のケア方法|この症状に注意!

次に犬の毛のトラブルです。 特に肌と直結しているため、多くが肌トラブルが原因で起こる症状です。 そのため肌のケアをすると毛のトラブルも解決することが多いですが、毛ならではのトラブルもいくつかあるので、解説します。

犬の毛で注意すべき具体的な症状

犬の毛のトラブルとしてよく言われる症状は以下の4つです。
  • ベタつき
  • 毛玉
  • 静電気
  • 臭い
ベタつきは肌がベタつくために起こることがあり、毛玉は犬の毛が生え変わる時期「換毛期」に起こりやすいトラブルです。 また毛が長い犬種では静電気が起こりやすいことがあります。 ただし実は静電気は皮膚が健康な状態では起こりにくいトラブルです。 毛が長いから仕方ないと放置していると、肌のトラブルなどに気付けないこともあります。 また逆に静電気が肌を刺激してしまう、ストレスの原因になることもあるので、注意が必要な症状です。 そして毛のトラブルで最も多いのが臭いです。犬の毛の臭い問題は、体全体の臭いの原因になるのでケアが必要です。

犬の毛のケア方法|静電気対策から臭い対策まで

犬の毛のトラブル全般的に使えるケア方法は、主に以下のモノがあります。
  • 肌ケアの方法を試す
  • 犬のストレスを取り除く
  • 適度にブラッシングしてあげる
  • 毛を短くカットする
  • シャンプーを変える
  • シャンプーを減らして代わりのケアをする
まず先に紹介した肌ケアを行ってみましょう。 毛のトラブルは多くが肌のトラブルに原因があります。 肌のトラブルが改善されると毛のトラブルも改善されるかもしれないので、試してみましょう。 合わせて犬のストレスを考えられる限り原因を取り除いてあげましょう。 また適度なブラッシング、毛のカットも重要です。 通気性が良くなり、静電気対策・臭い対策にも効果的です。

犬の身体(肌・毛)のケア方法|大好きな愛犬の健康を守ろう!

そして肌ケア同様、シャンプーを適切なモノに変えたり、頻繁にケアウォーターなどで拭き洗いをしてあげることもおすすめです。 ベタつきや臭い対策に効果的で、特にシャンプーが嫌いでストレスを感じている子には拭き洗いにしてあげるとストレスも抑えられるの、是非試してみてください。

肌・毛のトラブル全てに活用できるWANONA

今回解説した肌・毛のトラブル全般に活用できる商品がWANONAのシャンプーやオールインワンケアウォーターです。 自然由来の成分を使い低刺激のため、肌にトラブルを抱えている子にもおすすめできる商品で、オールインワンケアウォーターは目・耳・口のケアとしても活用できる商品です。 ただしアレルギーや刺激がゼロではないので、もしアレルギーをもっている子の場合は、一度獣医師に相談しましょう。
 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。